ハウアーの備忘録

仕事のコト、セミリタイアへ向けて、効率化などについて語る

もしも宝くじで3億円当たったらどうしますか?【思考実験】

宝くじ, ビンゴ, 懸賞, 勝者, 勝つために, リッチ, 演奏する, ヶ野, 番号, カジノ, 賞

「もしも宝くじで3億円当たったらどうするか?」

全国津々浦々で繰り返されている問答の1つですが、今回はこの質問にいい歳した大人が真剣に答えてみることにしました。

 

3億円というお金

3億円というお金は、サラリーマンの平均的な生涯年収よりも1億円多い金額です。

正直これだけあれば、生涯働かずに生きていくことも可能でしょう。

ただそれには贅沢をし過ぎてはいけないという条件が付きます。

3億円を持っていたとしても、高級住宅を買ったり、高級車に乗ったり、散財したりすることはできません。

それをしてしまうと資産が一気に減るばかりでなく、どこかのタイミングで働かなければいけない可能性が出てきます。

大金が目の前にあるのに、計画的にしか使えない。

この状況はよっぽどマネーリテラシーがある人間か、よっぽど自制心の強い人間でなければ耐えることができないと容易に想像できます。

正直、私も3億円当たったら財布の紐がガバッと緩んで資産を溶かす自信しかありません。

3億円という金額は多いように見えて、実は何でもかんでも出来るほど潤沢ではないと言えます。

 

3億円当たったら人間はどうなる?

宝くじの高額当選者はそのほとんどが当選金を全て使い果たしたばかりか、借金にまで及んでいる。

と、どこで仕入れたかは忘れましたが、聞いたことがあります。

まぁこれはデータを見るまでもなく、ちょっと想像すればわかりますよね。

平凡に生きていたAさんは趣味で買っていた宝くじがある日高額当選していることに気づく。そして銀行に振り込まれたのは見たこともない大金。Aさんはどうすればいいか分からず、居ても立っても居られなくなり、よく分からない物や高価なものに手を出し始める。次第に欲望はどんどん大きくなって歯止めが効かなくなり、最終的にAさんの資産は底をつく。

Aさんに限らず、ほとんどの人は急に大金を手に入れるとほぼ例外なくこの流れを辿ることでしょう。

さらに金銭感覚がバグって借金にまで及んでしまうとなると、宝くじで当選することは果たして幸せなことなのかどうか疑わしくなってきます。

 

その上で3億円を使うとしたら?

その上で3億円を使うならどうするか。

とりあえず私の性格上、2億円は無かったことにしようとすると思います。

1億円は不動産かなにかを購入して放置、もう1億円はイデコみたいな一定期間引き出せない口座にぶち込んで放置みたいな感じで。

これは分散して万が一に備えるという意味合いもありますが、資産を使えなくするという狙いの方が大きいです。

そして、残りの1億円で生涯働かずに生きていく計画を立てます。

これなら万が一1億円を使い果たしたとしても、不動産収入が見込める上に一定期間待てばもう1億円使えるようになります。

何よりこうしておけば、すぐに現金化できないのでとりあえずは安心です。

基本的に私は自分のことを馬鹿だと思っているので、3億円があるとすぐに使い込んで破綻する自信があります。

それを考慮すると手元に現金を置いておくのが最も危険。

とにかく私の場合は、破綻しないプランを立てることが重要となります。

 

最後に

というわけでここまで色々書いてきましたけど、あとはそれを実際に行えるかどうかですよね。

もし宝くじが当たってもプラン通りに実行できる気がしない笑

それが宝くじの恐ろしいところであり、人間の欲望の恐ろしいところなのかもしれませんね。

以上、私の空想にお付き合いいただきありがとうございました。

ちなみに私は宝くじを買わないので、3億円当たる可能性は微塵もありません。