ハウアーの備忘録

仕事のコト、セミリタイアへ向けて、効率化などについて語る

電子書籍を使い続けて見えてきた紙の本が衰退していく未来

電子ブック, トレーニング, 論文, 一冊の本, 文学, 知恵, 知っています, 図書館, 読む, 本, 本棚

以前までは紙の本を読んでいた私ですが、電子書籍を利用するようになってからはいつの間にか紙の本に触れる機会がなくなりました。

理由はシンプルに電子書籍の方が便利だからです。

だからと言って、紙の本が悪いなどというつもりはありません。

昔から紙の本は読んでいたので、その良さについては私も心得ているつもりです。

手触りの心地よさ程よい重量感記憶定着率の高さ棚に並べた時のコレクター心をくすぐられるあの感じ

紙は紙で良いところがある。それは百も承知。

しかし、紙の本に比べて電子書籍が便利であることは誰の目から見ても明らかでしょう。

テクノロジーは世界を変える。

それが書籍・出版の世界にも当てはまるというだけの話です。

 

電子書籍の利便性について

それまではガラケーを使っていた現代人がスマホの出現によってほとんど絶滅してしまったように、電子書籍の出現が紙の本を絶滅させる未来が私には見えます。

現状は紙の本にこだわりを持つ人がいまだに根強く残っていますが、将来的にその数はどんどん減っていくはず。

少なくとも、ここから紙の本が巻き返す未来は訪れません。

では、紙の本をガラパゴス化させてしまうかもしれない電子書籍の良さとは何なのか。

それは以下の通りです。

 

・1つの端末で全てのデータを管理できるから、管理の手間がほとんどかからず、スペースも取らない

・紙の本と比べて電子書籍の方が少しだけ価格が安い

・文字のサイズやフォントを自分好みにカスタマイズすることができる

・気になった箇所に気軽にマーカーが引けたり、容易にコピーできる

・注文したらその場で読める

・在庫切れがない、というよりその概念がない(販売する側にとってもメリット)

 

それに対してデメリットがこちら。

 

・本の売却、貸し借りができない

・端末の充電が切れたら読めなくなる

・作品によっては読めない、または出版が遅い

・紙の本のような質感がない

・視力が落ちる

 

電子書籍のデメリットも決して少なくはないものの、それ以上にメリットの方が圧倒的に多いし大きいです。

私も電子書籍を使うようになって、あえて紙の本を読む機会はなくなりました。電子での取扱がない場合だけ、紙の本を買うようにしています。

 

電子書籍に対する不満

そうは言いつつも、電子書籍に対して1点だけ不満に思っていることがあります。

それは価格が高いということです。

正直、価格に関してはもっと安くしようと思えば出来るはず。

出版するまでにコスト(人件費や製本代など)がほとんどかからないでしょうからね。

そう考えると、電子書籍の利益率ってかなり高いんじゃないですかね。知らないですが。

関係各所から圧力でもかけられているのでしょうか。それなら納得はできないですが、まだ理解はできます。

いずれにしても今のところ電子書籍の価格に関してはかなり不公平感があるので、今後はもっと値下げされることをいち消費者として期待しております。

 

紙の本は切手になる

はがき, 文字, 年, ビンテージ, 郵便物, 論文, パリ, スクラップブック, レトロ, みすぼらしい

紙の本が衰退していくことはほぼ確定した未来だと思います。

その上で紙の本の存在意義はどうなっていくかというと、切手みたいに一部のコレクターの間で愛好されるものとして残り続けるのではないかと個人的には予想しています。

中には希少性ゆえに価値が上がる本が出てきたり、コレクター人気の高い本が生まれたり。

紙の本は生活に寄り添った商品という立ち位置から、より嗜好品に近づいていく気がしますね。

というわけで今後電子書籍が普及し、紙の本が衰退していく未来は避けられないでしょう。

さらに余計なことを言えば、本だけでなく社会に存在する紙媒体のほとんどが電子データに置き換えられる未来すら起こり得ます。

そこまで行くともはやSFに近いものがありますが、テクノロジーはいつも残酷なまでに私たちの生活を変えてしまいます。