ハウアーの備忘録

仕事のコト、セミリタイアへ向けて、効率化などについて語る

人生がいかに短く、時間の流れがどれほど早いかをセネカ先生から学ぶ

砂時計, 時間, 時計, ガラス, タイマー, トランサイエンス, 砂

人生は短い。

そう噛み締めながら日々を過ごしている現代人がどれほどいるでしょうか。

というより、仕事に追われて人生全体に思いを巡らせることのできる余裕のある人間が多くないというべきかもしれません。

しかし、人生はあなたが思うより長くはありません。

それを痛烈に教えてくれるのがセネカの『人生の短さについて』。

今回は本書を参考にしながら、人生の大切さについて学んでいくことにします。

 

本書とセネカについて

          f:id:hagurezaru-blog:20211026190123p:plain


セネカローマ帝国時代の哲学者で、著作『人生の短さについて』は約2000年前に書かれた本です。

内容は人生は浪費すれば短いけれど過ごし方しだいで長くなると説いたもので、元はパウリヌスという人物に宛てて綴られたものを書籍化しています。

「時間が大切」という価値観は今でこそ当たり前のように浸透していますが、元を辿れば2000年前からすでに存在していたかと思うと正直驚きを隠せませんね。

裏を返せば、それだけ大切な真理と言えるのかも。

人生の短さについて

ここからは本書から特に重要な箇所を抜粋しつつ、人生の大切さについて学びを深めていきましょう。

 

パウリヌスさん、大部分の人間は、自然の悪意を嘆いて、こう言っている――われわれが生きられる期間は、とても短い。しかも、われわれに与えられる時間は、あっというまに、すばやく過ぎ去っていく。だから、ごく少数の例外はあるとしても、それ以外の大多数の人は、人生を生きるための備えも整わないうちに、人生から見捨てられてしまうではないかと。

じっさい、ひとの生は十分に長い。そして、偉大な仕事をなしとげるに足る時間が、惜しみなく与えられているのである。ただし、それは、人生全体が有効に活用されるならの話だ。人生が贅沢三昧や怠惰の中に消え去り、どんな有用なことのためにも費やされなければどうなるか。ついに一生が終わり、死なねばならぬときになって、われわれは気づくことになるのだ――人生は過ぎ去ってしまうものなのに、そんなことも知らぬまに、人生が終わってしまったと

時間を活用するかしないかで人生は大きく変わる。

時間を上手に活用できる人にとって人生は長いものとなり、浪費する人にとって人生は短いものとなる。

現代人はというと、とかく時間に追われがちで、自分の人生と向き合う時間が足りていない傾向にあります。

時間を無駄遣いしてきた人は、セネカが言うように死ぬ間際になってやっと後悔することになる。

ちなみに『死ぬ瞬間の5つの後悔』という本の中では、緩和ケアの患者が後悔していることの1つが「働き過ぎなければよかった」であると紹介されています。

これもまさに自分の人生と向き合うことの大切さを物語るエピソードですよね。

 

自分の金銭を他人に分け与えようとする者など、どこを探しても見あたらない。なのに、だれもかれもが、なんとたくさんの人たちに、自分の人生を分け与えてしまうことか。ひとは、自分の財産を管理するときには倹約家だ。ところが、時間を使うときになると、とたんに浪費家に変貌してしまう――けちであることをほめてもらえるのは、唯一このときだけだというのに。

時間をドブに捨ててしまう人は世の中に数多くいます。

残業代が欲しくて自分の時間を切り売りしてしまう人行きたくもない会社の飲み会に参加してしまう人などはその典型でしょう。

お金を払いたがらない人はたくさんいますが、時間になると気前よく払ってしまう。

どちらが貴重かは言うまでもないのに。

 

ちなみに私が最も苦手とするのが、相手の時間を尊重できない人。お金の貸し借りを良しとする人より苦手かも。

こういう人と関わると貴重な時間をどんどん奪われてしまう。

しかもそれがなぜ悪いのか理解していない場合が多く、また常識と言えるほど一般的な価値観でもないため、理解してもらうことそのものが難しい。

こういう人と関わると、人生を盗まれたような損した気持ちになります。

 

記憶を呼び起こしてください。あなたがしっかりした計画を立てたことが、いつありましたか。あなたの決めた通りに事が進んだ日は、どれほどわずかでしたか。自分を自由に使えたことが、いつありましたか。あなたの普段どおりの顔つきでいられたことが、いつありましたか。あなたの心がおびえずにいたことが、いつありましたか。これほど長い生涯をかけて、あなたがなしとげた仕事は何ですか。どれほどたくさんの人たちが、あなたの人生を略奪していったことでしょう。しかもそのとき、あなたは、自分が何を失っているかに気づいていなかったのです。いわれのない悲しみや、愚にもつかない喜びや、飽くことのない欲望や、甘い社交の誘惑が、どれだけの時間を奪っていったでしょうか。あなたに残された時間は、どれほどわずかでしょうか。――もうおわかりでしょう。あなたは、人生を十分に生きることなく、死んでいくのです

いったい、どうしてこんなことになってしまうのだろう。それは、あなたたちが、まるで永遠に生きられるかのように生きているからだ。あなたたちが、自分のもろさにいつまでも気づかないからだ。あなたたちが、どれだけたくさんの時間が過ぎてしまったかを、気にもとめないからだ。あなたたちが、まるで豊かにあふれる泉から湧いてくるかのように、時間を無駄使いしているからだ。たぶん、そんなことをしているうちに、あなたたちの最後の日となる、まさにその日がやってくるのだろう――まあその日だって、[自分のためでなく]別のだれかや、別の用事のために使われているわけだがね。

痛烈...

私たちはなぜか人生が永遠に続くものとして捉えてしまいがちです。そして、そんな意識から時間を止めどなく消費してしまう。

中でも多くの人は、他人を豊かにするために働き他人を養うために労力を使い他人の問題に首をつっこむことを生き甲斐とする

人生を暇つぶしとみるなら、これはこれで1つの生き方なのかもしれない。

しかし、それはあくまで他人のための人生であって、自分のための人生とは言えません。

私は死ぬ間際になって「他人のために生きれて本当に良かった!」と思えそうにないですし、そういう性分でもありませんから、そんな人生は真っ平御免です。

人生を引退する時は出来ることなら、「自分のために人生を使い切れた!」と心の底から満足して引退したいです。

 

まとめ

というわけで、セネカの著作『人生の短さについて』から人生における時間の大切さを学んできました。

約2000年も前から語り継がれている真理。

これが何を意味するかというと、どの時代においても多くの人にとってそれが重要な教えだったということです。

それはわれわれ現代人にもまんま当てはまるわけで。

むしろ資本主義の先鋭化やAIによって労働の意味が再定義されようとしている今だからこそ、時間との向き合い方について真剣に考えるべきなのかもしれません。